フジテレビ

概要

放送局 / 略称 フジテレビジョン / CX
放送対象地域 関東広域圏
開局 1959年3月1日
コールサイン JOCX-DTV
(JOCX-TV)
呼出名称 フジデジタルテレビジョン
リモコンID / アナログ親局 8ch / 8ch
ニュース系列 FNN(キー局)

年表

通常版

開始 終了 OP CL OP(DTV) CL(DTV)
開局 1969年? 富士山OPCL    
1969年? 不明 社屋OP 社屋CL    
不明 1978年3月 カラー富士山OP カラー富士山CL    
1978年4月 1979年3月 "愛のメッセージ"OP "愛のメッセージ"CL    
1979年4月 1981年3月 "I・愛・eye" "愛のメッセージ"CL    
1981年4月 1984年3月 "I・愛・eye"    
1984年4月 1986年3月 "I・愛・eye"    
1986年4月 1987年3月 目玉マーク紹介    
1987年4月 2001年10月 "目玉タウン"OP "目玉タウン"CL    
2001年10月 2003年11月 "未来のお台場"    
2003年12月 現在 "未来のお台場"短縮版

特別版

1997年3月9日(CL):河田町最終CL
2011年7月24日(CL):アナログ放送終了

OP&CL

富士山OPCL

使用期間:1959年3月-不明
BGM:ドビュッシー「夢」
富士山から電波が発射されるアニメーション。
CX_1959_OP.jpg

社屋OP


社屋CL

使用期間:不明
当時の河田町社屋の模型を映した後ズームアウトし、月面から地球を眺める映像。
社屋の模型の中に1969年に完成したタワービルが含まれていることから、それ以降の映像だと思われる。
CX_1969_CL.jpg

カラー富士山OP


カラー富士山CL


"愛のメッセージ"OP

使用期間:1978年4月-1981年3月
BGM:「愛のメッセージ」(当時のアナウンサーによるコーラス)
音声多重放送開始に伴って作られたものだと思われる。
富士山をバックにした映像とされているが、映像は今のところ発見されていない。

"愛のメッセージ"CL

使用期間:1978年4月-1984年3月
BGM:「愛のメッセージ」(インストゥルメント)
箱根彫刻の森美術館の「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」を始めとする作品をバックにした映像。
CX_1978_CL.jpg

"I・愛・eye"

使用期間:1979年4月-1986年3月
BGM:(作曲…たかしまあきひこ)
当時のフジテレビのロゴである8マークと、「I」「愛」「eye」という言葉が前面に出されたサイケデリックなアニメーション。BGMには「チャンネルエイト」が強調されたコーラスが入っている。
当初は従来の"愛のメッセージ"CLの後に続けて流されるものだったが、OPにも使用されるようになり、後期は従来のCLが無くなって単独で流されるようになった。
CX_1979_OPCL.jpg

目玉マーク紹介

使用期間:1986年4月-1987年3月
フジサンケイグループの統一シンボルマーク(目玉マーク)が制定されたことに伴って使用が開始された。
最初は「フジテレビのマークが変わりました」、7月以降は「楽しくなければテレビじゃない」という逸見政孝アナによるナレーションがあった。

"目玉タウン"OP

使用期間:1987年4月-2001年10月
BGM:(作曲…有澤孝紀)
CGの街の様子が映し出され、上空から見るとその街が目玉マークの形になっているというもの。
CX_1986_OP.jpg

"目玉タウン"CL

使用期間:1987年4月-2001年10月
BGM:(作曲…有澤孝紀)
前半はOPの映像と共通だが、後半は夜のシーンになる。
60秒版の他に30秒の短縮版が存在した。これは放送終了から開始までの時間が短い場合に使用された。
CX_1986_CL.jpg

"未来のお台場"

使用期間:2001年10月-2003年11月
未来のお台場をイメージしたCG映像。
メンテナンスの日には最後の5秒だけが流れる。
CX_2001_OPCL.jpg

"未来のお台場"短縮版

使用期間:2003年12月-現在
デジタル放送開始時に一部シーンが短縮され、アナログ放送の周波数情報を示すテロップが消去されたバージョン。
デジタル放送時もCG映像の中にJOCX-TVという文字が確認できる。
↑メンテナンス時用・デジタル放送版

河田町最終CL

放送日:1997年3月9日(CL)

備考

  • 以前は上記のOP・CL映像の前に局名やコールサインなどの告知があった。"目玉タウン"期には、局舎やマスター室、日の出などの静止画や動画をバックに、局名やコールサイン、周波数などをアナウンスしていた。ナレーションの担当者は頻繁に変更された。
  • 80年代以降、CL前には箱根彫刻の森美術館(BGM:松原正樹「YOU BABE」)や美ヶ原高原美術館のCMや、「無線機は免許を受けて使いましょう」「覚せい剤追放」の告知が放送されていた。

参考


  • 最終更新:2014-03-18 16:39:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード